親知らず

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

親知らず - 歯科疾患

一般的には20歳前後で生えてきて、トラブルを招くことが多い親知らず。

「知恵歯」や「大3大臼歯」という名でも知られていますが、一般的には親知らずというのが一番通りが良いのではないでしょうか。

手前から数えて8番目に生える歯で、生えてくるときに痛んだり、生えてから虫歯になって痛んだり、他の歯を圧迫して痛んだりと、様々なトラブルを招きかねません。

後から生えてくる歯で、トラブルを招くことが多いが故に抜歯することも多い親知らずですから、親知らずと言えば抜くもの、抜かなければならないものというイメージが強くあるのではないでしょうか。

実際には親知らずの生え方にも個人差があり、生える時期、生える数、そしてトラブルを招く生え方かどうかといったことには違いがあるので、中にはすべてがキレイに生えそろい、立派に使える歯として機能することもあり、その場合は抜く必要はないといいます。

問題になるのは生える向きがよくなかったり、痛みがあったりする場合、そうでなくても歯科医が抜いた方が良いと判断した場合は素直に抜歯をした方が良いということになります。

歯科医が抜いた方が良いと判断する基準の中には、一番奥の狭い箇所に生える親知らずが、その人の顎の大きさなどの問題でケアしにくいように見える場合や、中途半端に生えている場合などがあります。

顎の大きさ、角度や生え方によって、歯ブラシが届かないと判断できるものもありますし、歯垢が溜まりやすいように見えることもあり、その場合は虫歯や歯周病のリスクが高まるので、仮にそのときは痛くなくても、リスク軽減のために抜歯を勧められることがあります。

親知らずが虫歯になることで隣の歯まで虫歯になってしまったり、歯周病になってしまったりすれば口全体の問題になってしまいますから、リスクの方が大きいのであれば早めに抜いておく方が良いということになるでしょう。

しかし、親知らずを抜くと言ってもそれほど簡単なことではありませんし怖いものです。

立派な大きい歯を、ときには複数本、ときには歯茎を切開してまで抜くのですから、たかが抜歯とは言えれっきとした手術です。

抜いた後の後遺症と言えば良いのか、後に残るダメージも大きいことが多く、頬が腫れたり痛み止めの効果が切れて激痛が走ったりします。

それを知って親知らずの抜歯に挑むのは勇気がいることかもしれませんが、20歳前後で生えることが多いということもあり、もしかすると私たちにとって、この一連の痛みが一種の通過儀礼になっているのかもしれませんね。

また、中には一番奥に生える親知らずを抜くことで、小顔効果が得られるという動機で抜歯を決める人もいるようです。

実際にどれほどの効果があるかはその人の骨格によるのでしょうし、実際は抜歯直後であれば頬が腫れる方が多いでしょうから、気分の問題と言って差し支えないでしょう。

しかし歯を抜いた分、顔が小さくなるかもしれないと言われれば抜いても良いかなと決心できる方もいるかもしれません。

いずれにせよ、親知らずが生えてきていることに気付いたなら、痛くても痛くなくても一度歯科医に見てもらいましょう。

抜かなくても良いよと言われればあなたは幸運です。親知らずがちゃんと機能するように生えてきたのですから、使える歯が人より4本も多いということで、自慢しても良いことだと思います。

抜いた方が良いと言われたあなたも幸運です。もしかしたら今より小顔になれるかもしれないのですから。

それは冗談にしても、仮にトラブルが起きる前に処理できるのなら、「痛いし周囲も虫歯で辛い」という状況で歯医者に行くよりは随分楽なことだと思います。

歯科疾患

口腔疾患