歯根嚢胞

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

歯根嚢胞 - 口腔疾患

歯の根の奥のところに膿が溜まり、顎骨の中で袋状になっているものを歯根嚢胞(しこんのうほう)と呼びます。考えるだけで痛そうですが、痛みを感じないことも多く、何かの拍子に痛みが生じるまで気付かないこともしばしばあります。

痛みは少なくても、歯の根のところで膿が溜まっているため、圧迫感や歯が浮く感じを経験する方もいます。

もしくは、膿が溜まることで歯茎がぽっこりと白っぽく膨らんで、そこから膿が漏れ出ることがあります。このぼっこりと膨らんだできものをフィステルと言いますが、膿には臭いがあるので口臭の原因にもなってしまいます。

歯根嚢胞は、痛みを感じないまましばらく時間が経つこともありますが、一方で急性の症状の場合は耐えられないほどの痛みを生じることもあります。

レントゲンを撮ると、歯の根っこのところ、本来神経があった箇所に黒くかたまりが生じているのが見つけられますが、この時点では歯根嚢胞なのかどうかははっきりわからないようです。

膿が袋状に包まれているときに歯根嚢胞、膿を包む袋が形成されておらず、炎症が起きている状態のとき歯根肉芽腫(しこんにくがしゅ)と呼ばれます。

歯根嚢胞の原因は、歯の神経や血管が通っている歯髄部分が虫歯の進行が理由で壊死して細菌が繁殖してしまったり、歯根に関わる治療を行う際に何らかの理由で細菌が入ってしまったりすることにあります。

放置した虫歯が痛いなら納得でしょうが、治療後の歯でしかも神経を抜いたのにその箇所が痛いというとき、まさか神経を抜いたのだからその部分が痛むということもないだろうと思うのが普通です。

それに治療をしたのはもう何年も前だぞと思えば、まさかそのときの歯の根が異常を起こしてることになかなか結び付かないでしょう。しかし、そんなときは治療済みの歯の根の部分で炎症を起こしているのかもしれません。

もし、歯根嚢胞を放って置くとどうなるでしょうか。

細菌が周囲の骨を溶かしながら蝕んでいけば、だんだんと骨が脆くなっていきますし、周りの歯にも悪影響を与えます。骨が無くなる代わりに、その空洞が膿で満たされてしまうというのは考えただけで怖いです。

膿が溜まれば、毒素が体内を巡ってしまう可能性もあります。

歯周病が原因で全身に菌が巡り影響が及ぶということは本当にあるのですが、歯根嚢胞でも同じく全身に菌が巡るリスクがあります。

元も子もない話ですが、歯根嚢胞を防ぐには、神経に関わるほど虫歯を放置しないこと、そもそも虫歯にならないようにすることが一番です。

日ごろから口腔ケアをしっかり行い、もし虫歯かな?と思ったらすぐに見てもらう。歯の神経を抜いたり、神経近くまで削って埋めたりと治療が大変になればなるほど時間面や費用面で損をすることになります。

加えて歯根嚢胞ということになれば、またしても治療費がかかるという悪循環に。

歯医者で歯を抜いてもらったせいで別の症状に見舞われるなんて運が悪い、歯医者さんが悪いんじゃないの?と思う方もいるかもしれません。確かにそうかもしれませんし、そういう場合もあるかもしれません。

歯科医は細菌が歯根に入り込まないよう、細心の注意を払う必要があるでしょう。そして実際に細心の注意を払っていることでしょう。

しかし処置が足りず抜いた神経のあとを塞ぎ切れていなかったり、詰め物が劣化して隙間ができていたり、歯根という狭い場所に小さな細菌が入り込んでしまう原因には様々な可能性があります。

運悪く防ぎきれないということもあるようです。

だからこそ、違和感や異変があればすぐに歯科医に診てもらうことが重要ですし、歯の治療後も時間が経てば問題が生じることがありますから、定期的に検診を受けることも大切なのです。

歯科疾患

口腔疾患