知覚過敏

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

知覚過敏 - 歯科疾患

歯周病で歯茎が痩せてしまい歯の露出部分が増えてしまったり、虫歯や外的な要因で歯の表面を覆う硬いエナメル質が壊れてしまっていたりすると、その下の層にある象牙質というところが露出してしまいます。

象牙質には神経へとつながる無数の小さな穴があいているのですが、熱さ、冷たさといった刺激や、歯ブラシなどの物理的な刺激がそこを通ると、しみるような、独特な痛みを引き起こします。

刺激があるときに痛みを感じるのが知覚過敏ですから、重症でない限り虫歯のように慢性的に痛むわけではありません。

だんだん知覚過敏が進行していくと、風などの些細な刺激でも痛みを感じるようになります。

知覚過敏と呼ばれる症状で心当たりのある方は多いと思いますが、そういう方はたかが知覚過敏、よくあることだと甘く見ずに、積極的に治すことを考えましょう。

数年前と比べて、症状は強くなっていないでしょうか。

かき氷を食べると聞いただけで、あついおでんを食べると聞いただけでしみそうだなと感じて躊躇してしまうことはないでしょうか。

知覚過敏は、地味な症状ではありますが私たちから着実に食べる楽しみを奪っていきます。

歯には大きなトラブルがなければ良いですが、できれば丈夫で、いつまでもしっかり使えるものであって欲しいですよね。

自宅でできるケアとしては、知覚過敏の症状を緩和する歯磨き粉を使うことがまず考えられます。もしくはフッ素ジェルを塗って歯をコーティングするという方法もよいかもしれません。

また、日ごろのブラッシング時に歯磨き粉をつけすぎていることや、強く磨き過ぎていることが原因で知覚過敏になることもあるので、予防や緩和の観点で言えばこうした知覚過敏になりやすい習慣を改善することも重要です。

習慣と言えば、寝ているときの歯ぎしりやストレス時の噛みしめ癖がエナメル質を削り知覚過敏の原因になることもあることもあるようです。心当たりのある方は歯ぎしりの改善、噛みしめ癖の注意にも挑んだ方が良いかもしれません。

知覚過敏を改善するとき、自分で意識できることはそれほど多いわけではありません。

知覚過敏の原因は歯の表面のエナメル質が削れてしまうことにありますから、虫歯の予防や歯に負担をかけない習慣を心がけ、予防に励むことはできます。また知覚過敏だと思ったらそれ以上ひどくならないように工夫することもできます。

しかし、本格的な治療となると歯科医に相談するのが一番確実です。

虫歯や歯周病が原因で知覚過敏が起きている場合、歯ぎしりなどが原因となっている場合、日ごろのブラッシングに問題がある場合など、知覚過敏の原因にはいろいろありますが、いずれの場合もなかなか自分では気づきにくいところだと思います。

症状がよほど気になるなら病院へ、というのが普通だと思いますが、軽い症状であってもできれば機会を見つけて歯科医に相談するのも良い方法です。

知覚過敏は老化によっても起りうる、よくある症状です。誰もが経験すると言っても言い過ぎではないでしょう。

しかし、よくあることだからと言って放っておいても良いということではありません。

知覚過敏の原因も分からず、特に症状を緩和させるための工夫もせずにいれば、知覚過敏もだんだん重症になってしまいます。加速度的に悪化する、ということは少ないでしょうが、いつの間にかひどくなっているという経験をするかもしれません。

何でも早期治療が大事ですが、知覚過敏というありふれた症状でもそれは同じです。重症になればなるほど、本格的で専門的に治療が必要になってきます。

冷たいものや熱いものが歯にしみるなと感じたらそういうものだと思わずに、まずできるところから、早めの対応を心がけていただきたいと思います。

歯科疾患

口腔疾患