真菌症

歯科疾患と口腔疾患 | 口の中の病気リスト

真菌症 - 口腔疾患

真菌とはいわゆるカビのことですが、口腔内のトラブルでもっとも多いのは、カンジタ菌という真菌による炎症です。

カンジタ菌は常在菌のひとつですから、普段から私たちの口腔内、腸などの消化器官内、膣内、そして皮膚上にも生息しています。

私たちの体に住んでいても、普段は害を及ぼすことがありません。

しかし何かの拍子に私たちの体に住む菌のバランスが崩れ、カンジタ菌が繁殖しやすい状況になると、口腔カンジタ、カンジタ性口内炎といった症状が表れやすくなります。

口腔カンジタの症状は、痛みを感じることは少なく、舌にべっとりと白い苔のようなもの(舌苔)が現れるのが主な症状です。カンジタ菌はカビで、口腔カンジタはこのカンジタ菌が口の中で繁殖しますから、見た目はまさに白いカビが生えているよう。

舌苔で覆われず、舌全体が赤くなり、表面がつるつるとしたように見え、ヒリヒリとした痛みを伴うタイプの口腔カンジタである萎縮性カンジタというものもあるので、白いものがこびり付く=口腔カンジタとは限りません。

ちなみに白い苔で覆われる方の口腔カンジタが、偽膜性カンジタと呼ばれます。

ではどういう状況でカンジタ菌が過剰に繁殖してしまうかというと、例えば病気や疲労などによって体の免疫力・抵抗力が極端に落ちたときや、抗生物質を使った長期の治療後といった特殊な状況に限られます。

基礎体力のある成人では少々疲れたからといってすぐに口腔カンジタにかかることも考えにくいですし、普通に健康な状態であれば口腔カンジタに悩まされる心配もないでしょう。

ところが極端な体力の低下、免疫疾患などの病気がある場合、がんや糖尿病などを患っている方にとってはいつ表れてもおかしくない症状ということになります。

また、基礎体力が低い幼い子供や高齢者の方であれば、成人よりは口腔カンジタにかかりやすくなります。抵抗力が乏しい方の場合、口腔内の不潔やドライマウスといったことがきっかけでカンジタ症の発症につながることもあります。

もっと身近な症状に口角炎がありますが、これもカンジタ菌が原因で起こることがあるといいます。カンジタ菌はカビの一種ですから、口の周りにいつもよだれがついている赤ちゃんや、口の端を舐める癖がある方に起りやすい症状。

このように、極端な体力の低下などはなくても、条件次第で局所的にカンジタ菌に負けてしまうこともあるのです。

口腔内は菌の巣窟ですから、悪い菌でいっぱいにならないよう、体力が無い人ほど気を付けなければなりません。

とは言え、口腔カンジタそのものが重篤な病気というわけではなく、問題はあくまでカンジタが異常繁殖してしまう根本の原因の方です。

ただし、舌がカンジタ菌で覆われると味覚が正常に働かないので食べ物が美味しくなく感じますし、口臭も気になります。何より自分の口の中が何とも言えず気持ち悪いのが辛いところ。

気持ちが悪いので取りたくなってしまいますが、歯ブラシなどではあまりきれいに取れるものではなくムキになると舌を傷つけてしまう原因にもなりますので、病院で貰えるうがい薬や飲み薬の他に自己流の処理はしない方が無難です。

口腔カンジタの性質上、ご自身で経験するというよりは、お子さんや介護中の高齢者の方の口の中が白くなっているのを見つけるという機会の方が多いかもしれません。

お子さんが病気で弱っているとき、親族の介護中、口の中がべっとりと白くなっていると大変な病気じゃないかと焦ってしまうかもしれませんが、よくあることだと落ち着いて病院の先生にご相談ください。

カンジタ菌は私たちの体に普段から住んでいる珍しくない菌ですが、何かの拍子に悪さをすることがあります。見た目に少し驚いてしまいますが、冷静に対処してみてください。

歯科疾患

口腔疾患